2007年4月入社 中途採用

栗原 理恵子

Rieco Kurihara

30代、社会人未経験での入社。

現場を支えているという遣り甲斐と、

組織の力になりたいという想い。

Question.01

仕事のやりがいは何ですか?また、仕事に込められた思いを教えてください

私は経理関係の業務など総務全般の仕事に携わっています。働き始めて今年で15年。入社当時は30代で未経験の職種だったこともあり、向かい合うすべての業務がハードルに感じていました。でも、目の前の業務に一生懸命取り組むことで、気づけばハードルをいくつも越え、現在では社内の業務内容全般を把握できるまでに。

具体的には、社内の皆が働きやすい組織となるよう、業務の効率化を含む改善提案を二か月に一回実施しています。直近の改善内容としては、部署共通のデビットカード導入によって、部材などの購入費用を、個別に立て替える必要を無くしたこと。これまでは多い方だと数万円も立て替えが必要だったこともあり、個人の負担を無くす仕組みとして提案し、実際に導入をしています。今後も組織にとってプラスになるアイデアを提案して行きたいですね。

また部門内では、日常の中の電話応対も大切にしていて、各現場スタッフの状況にもアンテナを張ることを心掛けています。お客様がお探しのスタッフは今どこにいるのか。できるだけお待たせせずに回答できるよう心掛け、円滑な取引を陰から支えたいと考えています。そのために、答えられる範囲の基本的知識も身につけるようにしています。現場で頑張る皆さんの力になれるよう、これからも努力して行きたいと思います。

Question.02

これから入社してくる人へのメッセージをお願いします。

総務を担当する私が在籍する部署は、40代前後の女性メンバー3名で業務を進めています。会社自体がそれほど古いわけではないので、確立された業務マニュアルなどはありません。答えが無いのは不安かもしれませんが、私も元々は社会人未経験からのスタート。真面目にコツコツ仕事をできる方であれば、問題なく働いていける環境です。愛嬌ある性格をお持ちの方なら、周囲も声を掛けやすいので、すぐに馴染めると思いますね。

会社組織全体としては、少しずつですが業務のデジタル化を推進しているところです。どうしても業界的にはアナログ処理の多いところがありますが、業務効率化の観点からも今がまさに変革の時期。必要な知識をお互いにシェアしながら、一緒に働きやすい環境を創っていければ嬉しいと思っています。

会社の歴史も創業から40年以上が経過しました。現在では、上は75歳から下は21歳までと幅広いメンバーが働く組織に。そんななか、「これから先の時代に会社を繋いでいくために、組織にとって何が必要なのか」を私なりに考えることがあります。個人的には、その答えのひとつが「若い世代の育成」ではないかと思うんです。これから入社される皆さんが、将来の組織を支えられる人材となり、会社の歴史を繋いでいけるように。業務のハードルを下げる助けとなれるよう、丁寧なサポートをしていきたいですね。